老後資金2000万円問題を解決する「シニア起業」とは

▶︎ シニア起業

老後資金2000万円問題とは?

2019年6月、金融庁がこれからの老後資金に2000万円不足するというデータを公表しました。金融庁が出したデータは的確ではないというお話も聞きますが、全うな生活をしていく上でお金が不足するという事実は変わらないと思います。金融庁はNISAやiDeCo(イデコ)など活用して用意するように促しています。

 

そもそも2000万円問題って何なのでしょうか?

2019年の6月に勃発した2000万円問題とは端的にで言うと、「年金だけでは足りないので老後の生活費等のお金は自分で用意してくださいね」という内容でした。急に2000万円用意してくださいと政府から言われたので、私達国民は「どのように2000万円を用意しなければならないのだろう?」あわてました。

これが大きな問題へと発展していったのです。

 

老後資金が2000万円不足するってどういうことでしょうか?

この2000万円不足するという数字はどこからきたのでしょうか?

2000万円不足の根拠は、政府から出されている報告書にあります。総務省の報告書では、「夫65歳以上、妻60歳以上の無職の夫婦の世帯」の支出の平均は26万3718円、年金が大半を占める収入は20万9198円で、差額は約5万円。65歳男性の平均余命が20年、60歳女性の平均余命が28年(平成29年度簡易生命表より)

 

毎月の不足金50,000円×12ヶ月×28年=約1700万円

 

上記はモデルケースなので、すべての人に当てはまるわけではありません。個人自営業をされていらっしゃる方は、国民年金なので年金は上記の半分になるかならないかだと思います。

自分の状況に当てはめて計算していくともっと深刻な状況だということがわかります。これはもうすぐ定年をむかえる方にとっても、まだまだ先の20代、30代にとっても真剣に考えるべきことです。

 

老後資金を考える上での、年金の役割とは

年金は、最低限生きるためのお金を賄うための最低保証給と考えると良いと思います。実は僕も今、年金を受給しております。自分も年金を受給しているので、年金だけで生活できないということは重々に承知しております。わかっているからこそ、以下の提案をしております。

 

[st-mybox title=”ポイント” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#FFD54F” bordercolor=”#FFD54F” bgcolor=”#FFFDE7″ borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=””]

年金だけの収入に頼らず、自分でできる仕事で収入を確保する。

[/st-mybox]

 

年金は生活の基盤つくりと割り切っています!なので、年金だけで旅行や、趣味といった娯楽費、交通費などを賄おうとは思っていませんか。年金だけで全ての生活費を賄おうと思うと、真っ先に削りやすい食費などを節約すると栄養が偏り、体調を崩しやすくなってしまうかもしれません。ですので、年金だけに頼らないで、お金を得る方法をご提案致します。

 

老後資金問題解決に向けた政府が勧めているNISA(ニーサ)やiDeCo(イデコ)という方法

まず、政府が勧めている老後資金問題解決に向けた対策についてご提案致します。

 

そのそもiDeCoとは?

iDeCoとは、個人型確定拠出年金といって、公的な年金制度ではなく、私的な年金制度です。私的な年金制度なので確実にお金を得られるという保証はまったくありません。年金と名前がついているので、確実にお金を得られると考えがちですが、iDeCoは投資商品です。その証拠に扱っているのは証券会社です。名前のイメージにに惑わされないでくださいね。

 

iDeCoの仕組み

■加入できない人

  • 60歳以上の人
  • 海外に住んでいる人
  • 国民年金保険料を払っていない人

■加入できる人

  • 自営業者・フリーランス
  • 専業主婦(夫)
  • 公務員
  • 会社員

 

[st-midasibox title=”iDeCoの注意点” fontawesome=”fa-exclamation-circle faa-flash animated” bordercolor=”#f44336″ color=”” bgcolor=”#ffebee” borderwidth=”” borderradius=”5″ titleweight=”bold”]

iDeCoは基本的に60歳まで解約できません。つまり、60歳までお金を払い続ける、投資し続けなければなりません。途中解約できない、かけ金・運用益の引き出しもできないのがiDeCoの特徴です。貯金と違って予定外の出費に対応することができません。一定の金額を60歳まで払い続けられるか不安な方はiDeCoを利用する前に、もう一度、一考してください。

[/st-midasibox]

 

NISA(ニーサ)とは?

NISAとは一言でいうと、非課税枠を利用した投資です。株や投資信託は運用益に対して通常約20%の税金が課せられます。しかし、NISAで運用するとこの20%が非課税になります。NISAは非課税枠を利用した投資商品です。

 

NISAの仕組み

■利用できる人

日本在住の20歳以上

 

 

■NISAには2種類あります。

  • 一般NISA
  • つみたてNISA

■一般NISAとは?

一般NISAの投資先は、上場株式、ETF、REIT、投資信託が対象です。

非課税で投資できる期間は、年間120万円、5年間になります。

 

■つみたてNISAとは?

つみたてNISA専用の投資です。つみたてNISAの投資先は金融庁が投資に適していると判断したものに限定されています。

非課税で投資できる期間は、年間40万円、20年間になります。

NISAやiDeCo(イデコ)はやはり投資です。リスクがつきものです。

そもそも、iDeCoやNISAで将来の老後資金を用意できますか?

 

これは僕の考え方なのですが、

生活費は確実に用意しなければならないものなので、

リスクを伴ったらいけないと思っています。

 

将来なにが起こるかわからないから、

確実にリスクを伴うものは避ける。と思っています。

 

もし、今現在、お金に余裕があれば、

年金問題に向けて、政府が勧めているNISAやiDeCo(イデコ)を

やってみるのも一つの手だと思います。

 

ただ、死ぬまでの間、

確実に2000万円以上は不足すると言われていますので、

その不足の2000万円をどのように用意するか、

何で用意するか、真剣に考える時期に来ていると思います。

 

40代の僕ですが、今から真剣にこれからの生活のことを考えています。

 

あなたはどうやって用意しますか?何で用意できそうですか?

 

老後資金を巡っての、定年退職後の収入の増やし方について考えてみましょう

定年後にパート、アルバイト、または起業して収入を得る、という選択肢があります。

投資よりより安全な方法だと僕は考えています。

 

NISAやiDeCo(イデコ)などの投資人に運用を委ねるので、自分でコントロールできません。

得失を自分でコントロールできないのが投資です。

 

そこで、まずは、定年後に収入を確保するために、

身近なところで「パートやアルバイトをする」という選択肢を考えてみましょう。

 

老後資金獲得のために、アルバイト・パートという選択肢もあります。

コンピニや居酒屋など飲食業界、シルバー人材センターなどの派遣会社で働くという方法もございます。

時給いくらという働き方ですね。

時給換算の働き方なので、収入の目安もつきやすいのが特徴です。

ただし、いつ解雇になるかわからないという不安も常にあります。

 

今、最低賃金の時給が福岡で841円です。

佐賀県だと、790円です。

地域で最低賃金は違いますが

日本全国で一番最低で時給790円なので、

790円で時給換算していけばそれ以上の最低の賃金はないです。

(2019年)

 

老後2000万円問題を細かくみると、

定年後の平均余命の30年の間に

生活費が毎月約5万円不足すると言われています。

 

 

老後資金をアルバイトで5万円を補う場合

50,000円÷790円=63.29時間

1ヵ月に63時間以上の労働が必要になります。

実際には64時間働かなければ50,000円を越えません。

 

64時間÷4=16時間

一週間に16時間の労働が必要になります。

1日4時間×4日

アルバイト・パートで50,000円の収入を得るための例です。

 

定年後、週に4日働き先に行くことは、会社に勤めていたときの生活とほとんど変わらないと思いますが、

これを70歳、80歳まで続けることができるでしょうか?

だんだんと、体に負担が溜まってきてしまい、体調を崩しやすくなってしまうかもしれません。

 

そこで、僕がオススメしたい老後資金を確保する方法は

「自分で起業する」というやり方です。

 

自分で起業する場合は、会社に雇われているわけではありませんので、出勤時間、退社時間といった会社に拘束された時間はありません。ですので、自由に、あなたのペースで働くことができます。また、収入も自分のペースでコントロールできますし、移動などに使ったお金は経費になり、税金の対策になります。

 

「今月はちょっと働きすぎて疲れたので、今月の残りは休むね」
「今月はちょっと経費を使いすぎたので、来月は少し引き締めよう」

といった自分のペースで老後の仕事をすることがシニア起業でできるようになるのです。

 

 

老後資金2000万円問題をシニア起業で5万円を補う場合

起業なので料金設定は

自分で自由に決められます。

 

例としてあげますね。

 

1時間2,000円の料金設定。

50,000円÷2,000円=25時間

25÷4=6.25

50,000円に到達するためには

1週間に7~8時間の労働が必要になります。

 

1日4時間×2日

1日2時間×4日

 

つまり、収入を自分で決めることができる起業という働き方ならば、あなたが働く時間が少なくても、毎月5万円の収入を得ることができるようになります。

しかし、起業と簡単に言いますが、美容師や、ネイリストといった専門的なお仕事をしていた方はいいのですが、会社員を20年、30年やられている方の場合は、なかなか起業しようと前向きになれませんよね。そこで、僕から提案です。

 

老後資金問題をシニア起業で解決する「出張型整体」を学びませんか?

老後資金2000万円問題を解決するために、今からでも起業の準備することができます。

お相手の家に伺う出張型の整体スタイルですので、整体院などの店舗を持つことなく、起業することができます。

 

毎月の生活費の中で不足する金額をシニア起業で補っていく。

年金にプラスした収入で生活を組み立てる

というのが僕の考え方です。

 

どのような仕事で収入を得るか?考えている、

悩んでいる方に向けて、僕ができることで何かお役に立てないか?

 

このような志をもって、

シニア起業「出張型整体」スクールという事業を立ち上げました。

 

シニア起業出張型整体スクールはこんな方におすすめ

    • 人から雇われずに自分の仕事を確立したい方
    • 定年後のお仕事を探している方
    • 人に喜ばれるお仕事を探している方
    • 年金にプラスした収入を探している方
    • 老後にちょっとしたぜいたく、充実感、心豊かな生活を望んでいる方
    • 家族の健康を守っていきたい方
    • 人として正しく生きたい方
    • 自分の使命を求めている方
    • 生きている存在を感じたい方

 

老後資金を支えるシニア起業・出張型整体スクール

 

 

余談ですが500円玉貯金をしたら?

50,000円÷500円=100枚

一ヶ月100枚、1日の4枚、ほぼ毎日の500円玉貯金が必要です。

 

定年後、仕事をするときの仕事の選び方

体が動く限り働きたい、定年後も仕事をしたいという方が思っていることの1つです。定年退職してからでも、60歳を越えた体でもできる仕事を選ぶ、大切なことだと思います。自分の体の能力を考えた上で定年後の仕事を何にしようか考えるとよいです。

 

2000万円と言うと大きな数字ですが、金融庁の試算にもあります。

毎月、50000円~55000円ほど毎月の収支が赤字だそうです。(金融庁報告書のモデルケース)

ということは、毎月の不足する額の補充をすれば、最低限度の生活を行うことができます。このように考えるとまとめて2000万円を用意する必要はないと思うのです。

 

タイトルとURLをコピーしました